スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Squeezebox 音質その3

エージングは100時間を超えたところです。
ザラザラ感はもうほとんど消えました。
あと一息というところですね。

それ以外の音の変化の方ですが、前回言った生々しさ、定位等すべてにおいて向上していますが、その変化は少ないです。
特別変わった事と言えば低音ですね。
DA10は基本的に低域は絞り気味なのですが、量感が向上し躍動感ある弾むような低音になってきました。
あわせるヘッドフォンによっては低音が少し寂しい感じもしていましたので、なかなかいいバランスになっていると思います。
また、下方向への伸びがよくなり表現力が向上しています。
深く落ちる低音にちょっと感動してしまいました。

今回はこんなところです。
変化があまり感じられなくなっていますが、エージングは200時間を目処にしたいと思います。
その後、インターフェイス、設定等の話をしていく予定ですのでお楽しみに~。
スポンサーサイト

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://cnw.blog75.fc2.com/tb.php/5-fd4510ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。